-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-24 15:56 | カテゴリ:日高ショーコ
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:腐女子の日記
こんにちは~。

本日は、2週間ほど前参加した「お屋敷巡り」バスツアーのプチ旅行記その1です。
このブログを以前から訪問してくださっている方は、「また~?!」とかおっしゃらずに(笑)どうぞ見てやってくだいね。
かちゅ♪お屋敷萌え~~なの。

「憂鬱な朝」&「花は咲くか」の桂木&暁人と蓉ちゃんを探す萌えツアー^^
(あわよくば桂木サマの部屋でお泊りデートしちゃうぞ~なんてなんて♪)

注:萌え的妄想がかなり入っていますので、それでもバッチコイ or 意味不明(爆)でもOK~♪というお心の広い方のみお読みくださいませ。

朝9時、東京駅前新丸ビルから、観光バスで出発進行~~♪
P1040074_convert_20120619210630.jpg
名物赤レンガ駅舎の改修工事が終わっていました。

まずは上野不忍の池近くの旧岩崎邸へGO♪

P1040077_convert_20120619210737.jpg
建築家ジョサイア・コンドル(「鹿鳴館」の設計者)による明治期の洋館。
関東大震災を生き延びた、地上2階地下一階の立派な建築物です。
DSC_0103_convert_20120624134634.jpg
かちゅらぎ様が森山侯爵夫人を訪ねるシーン。
P1040083_convert_20120624141026.jpg
ガラス張りのサンルーム。
某茅島氏も、こんな感じのコンサバトリーで毎朝イングリッシュテーをいただいているのかしら♪
P1040075_convert_20120619210850.jpg
サンルームに面した庭に、タチアオイが咲き誇っていました。
P1040084_convert_20120619211203.jpg
P1040078_convert_20120623173052.jpg
エントランスホール内側。洋館につきもののステンドグラスにうっとり。。。
建物内は写真撮影禁止(涙)でした…残念。
室内は、金唐紙という豪華な壁紙に目を奪われました。
三菱財閥の邸宅だけあって、ゴージャスなの。
庭に、ビリヤードをするための別棟もありました。
桂木と暁人もビリヤードをたしなんだのかしら^^

そして、当日のかちゅ♪的大本命、駒場の旧前田邸へGO♪
ここを訪れるのは、かちゅ♪6回目^^;ですが、ガイド付きツアーは初めてでした。
ボランティアの年配のガイドさんの丁寧な説明がとても良かったです。
P1040126_convert_20120619211427.jpg
このとんがり屋根が木々の間から見えただけで、テンション急上昇のかちゅ♪でした。
こちらは写真撮影OKなので、遠慮なく撮らせていただきました。
(でもガイドツアーだから周囲に人がうろうろしてるし><。そうそうゆっくり撮影できなかった…涙)
P1040104_convert_20120619211723.jpg
玄関から撮影した玄関ホール。
P1040099_convert_20120619215231.jpg
10歳の暁人は、お披露目会のとき、桂木に手を引かれてこの階段を下りてきたの。
暁人、こんなあどけない小僧^^だったのよ~~~♪
DSC_0105_convert_20120624144150.jpg
P1040108_convert_20120619211831.jpg
DSC_0107_convert_20120624153859.jpg
かちゅらぎサマが毎日この階段を上り下りしているの。
かちゅ♪手すりに頬ずりしてきたよ~~~ぺろぺろ♪(←怪しい)
P1040096_convert_20120619212329.jpg
手すりの真鍮のデザインも重厚。
P1040100_convert_20120619212452.jpg
こちらの小部屋は、2巻で部屋に強引に入ってきた暁人にご無体されちゃったあと、お疲れさまの桂木が座っていたソファのある階段下の空間、わおわお♪
かちゅ♪もちょっとアンニュイにソファに座って、かちゅらぎサマの気分に浸ってみました^^
DSC_0106_convert_20120624145930.jpg
P1040105_convert_20120619211950.jpg
P1040093_convert_20120619212118.jpg
豪華なシャンデリアとステンドグラスの高い窓が、当時の華族の暮らしを忍ばせます。
旧前田侯爵は、地元の職人にこれらの装飾を任せ、仕事を与えたそうです。

そして二階の旦那様の寝室~~~!!
ここに来るたび、かちゅ♪のテンションが異様に(笑)上がります。
P1040092_convert_20120619212234.jpg
ふたりの愛のしとねは意外と質素なのだ。
天蓋付きのロマンチックなのにすればいいのに…。

「久世家」(えっ)二階見取り図。(見づらくてごめんちゃい、汗)
DSC_0104_convert_20120624151117.jpg
確か桂木の部屋は、旦那様の書斎に一番近い部屋なのよ。うふっ
思わず探しちゃった。
そのうち、かちゅ♪がもっと詳細な久世家見取り図を作るよ~~~♪(かなりマジです)

P1040123_convert_20120623165524.jpg
一階玄関ホール右手の旧応接室。
カフェになっています。
昨年12月に、桂木大好き友の某ロミオ。さんと日高センセのサイン会の前に、ここでコーヒータイムしたの。(→その時のブログ記事はコチラです)
懐かしいなー♪またご一緒してねっ(はあと)

力尽きちゃったので(オイ)
次回「萌え屋敷ツアー その2:蓉ちゃんを訪ねて編」に続くのだ。
近いうちにUPしますので、お待ちくださいね。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://kachubl.blog100.fc2.com/tb.php/218-f72a33ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。