-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-02 00:42 | カテゴリ:ピアノ
ジャンル:音楽 テーマ:ピアノ
元旦の夜、テレビつけながらコタツで仕事(涙)してたら、ふと耳に飛び込んできた美しいピアノの旋律。
思わず手を止めました。

番組のタイトルは「奇跡のピアニスト辻井伸行~飛翔への旋律」

彼は去年6月、「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で優勝した21歳のピアニスト。
なんと視覚障害者の方なのです。
感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ
(2009/09/09)
辻井伸行

商品詳細を見る



目が見えなくて、どうやってプロとして通用するくらい達者にピアノが弾けるのかすごく不思議だったけど。

でも、今日の番組を見たら、そんな疑問はどうでもよくなっちゃった。。。

彼の場合、もう目が見えるとか見えないとかいう次元の問題じゃないと思いました。

体の中からあふれ出る音楽を、ピアノという手段を借りて全身で表現しているというか…とにかくすごい。
「奇跡のピアニスト」というタイトルが、大げさでもなんでもなく、本当にぴったり当てはまる…そんな奇跡のような演奏でした。

中でも最後のベートーベンの「熱情」は、感動もの!
次から次へと押し寄せてくる熱い波のような旋律に、思わず息を潜めて聴き入りました。
ショパンのピアノコンチェルトも、手馴れた感じですばらしかった。てかこの曲、大好きだ!
バラードの1番は途中でカットせずに、ラストの盛り上がるところまで聴かせてほしかった~~!

ちなみに、数年前から(オイ)ショパンのバラードの一番を練習中の自分。
(ピアノ歴だけ無駄に長い…汗)
数年弾いても、まとまらないってことは、一生無理っちゅうことなんですよね…しくしく。でも諦められないの。
今年こそ、この曲を友達の前で演奏するぞ!
ついでに、今年こそ、職場の友(バイオリン弾く)とラフマニノフの「ヴォカリーズ」を合奏するぞ!(新年の決意!)

あ、なんか話が逸れてきたところで、そろそろ寝よう。
おやすみなさい。



スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://kachubl.blog100.fc2.com/tb.php/7-f799432d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。