-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-18 00:20 | カテゴリ:木原音瀬
ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:観劇
木原音瀬さんの「美しいこと」舞台を観てきました。
原作大好きなお友だちの分も一緒に、かちゅ♪松岡くんたちを応援してきました。

うれしすぎて^^ちょっと早めに会場についたので、ワクワクしながら開場までスタバで時間つぶし。

P1020068_convert_20100617205422.jpg
本日の新宿は快晴。半袖でも蒸し暑い~。
P1020069_convert_20100617205607.jpg
会場は新宿駅西口近くにあるSPACE107。
日高ショーコさんの美しいポスター発見♪
早くもテンション上がるかちゅ♪でした。
P1020076_convert_20100617205817.jpgP1020075_convert_20100617205945.jpg
松岡くん役の高崎翔太さんの降板は本当に残念だけど、代役の与那巌さんもブログのお写真見たらステキな方だし、初日を観た方の感想も上々なので期待できそう♪
P1020072_convert_20100617210116.jpg

P1020073_convert_20100617210217.jpgP1020074_convert_20100617210334.jpg
地下の劇場に続く狭い階段の踊り場に飾られていた美しいフラワースタンド。
木原先生のお名前にテンション上がりました♪
P1020077_convert_20100617210618.jpgP1020079_convert_20100617210749.jpg
パンフレットげっちゅ♪
うう、ショーコ様のイラストがうれしい~。
ちょっとお高めだと思ったら、主題歌「美しい奇跡」のCD付きでした。
最初、この歌をサイトで聴いたときは、「BLの主題歌なのに、なぜに女性がヴォーカル?」ってちらりと思ったのでしたが、しみじみ聴くと、ステキな歌~。きっと松岡くんの乙女心^^を透明感のある可憐な声で歌い上げてるに違いない~♪

感想は長くて、しかもかちゅ♪にしては超真剣(?)なのでたたみます。
以下、お時間のある方、どうぞおつきあいください。

劇場はHPを見て想像していたよりかなりこぢんまりしててアットホームな雰囲気。
かちゅ♪の席は、指定席最前列の真ん中でした。
でもでも指定席の前に自由席が5列あるので、実質6列目。
狭い劇場なので、どこの席でも役者さんの演技が臨場感たっぷりに楽しめると思います。
ただ、ステージ手前付近で座っているシーン(寛末さんちのこたつ^^;とか←ここ大事っすね)などが前に座っている人の頭で見えにくい~~~。
ですので、かちゅ♪お勧めの席は、自由席の前の方か、指定席なら2列目以降(最前列以外、階段状になっている)です。

観客はやはり若い乙女が中心でしたが、思ったより年齢層高めな方も。(かちゅ♪も平均年齢上げてます…汗)
で、テンション上がったのが男性のカップル(え、違う?)を発見したこと。舞台終わったあと、二人で何やらマジに感想を語り合ってて、思わず耳がダンボ(笑)に。あと男性一人って方もちらほら。原作ファンなのか芝居ファンなのか気になります~~。

あ、肝心の舞台の感想です。
(着替えのシーンが多くて(笑)かちゅ♪ひそかにテンション上がりました)

あの長い原作をどうまとめるのか、原作ファンとしてはすごく気になるところでしたが、約2時間半の舞台は原作に忠実に作られていてホッとしました。

場面転換にところどころ使われていたBGM(パッヘルベルのカノン)のオルゴールやピアノのメロディーが心に染みました。

急にピンチヒッターがまわってきた松岡君の代役の方がちゃんとやれるのか(←失礼)すっごく心配だったんだけど、そこはさすがプロ。ハイヒールを履いた脚先まで乙女で^^すばらしかった~。
ハイヒールでぎこちなく歩く姿に、心の中で思わずエールを送ったかちゅ♪です。
松岡くんの女装姿で一番ステキだったのが、白いコート姿。
華奢で可憐で……悔しいけどかちゅ♪負けました(笑)
スーツ姿で普通にリーマンしてるときとの対比が、ビジュアル的に楽しめるのが舞台の醍醐味ですね~。
とにかく寛末に怒ってる松岡くん、めっちゃかわいかったよ~~~(オイ)

寛末役の井坂さん。
背が高くて小顔。
スタイル抜群で実にかっこいい方ですね~~~。
かちゅ♪本気で惚れちゃいそうです。きゅんきゅん

そんな井坂さんが、猫背でもたもたしゃべってると……まさに杉田!じゃなくて(笑)寛末!!
イラっとするけどかっこいい。
かっこいいけどイラっとする(笑)
かちゅ♪の寛末さんのイメージにぴったりでした。

寛末が葉子さんな松岡くんのこと、切ないほど愛してるのがひしひし伝わってきました。
「葉子さんが好きです」って何度も言うんだよ。。。
だから余計に松岡くんがかわいそうで…涙

葉山役の女優さんも、小顔で髪がつやつやで^^元気いっぱいで、にゃかにゃか好感度高かったです。
やはり本物の女性が舞台にいるだけで華やぎますね~。
二次元を愛するかちゅ♪は^^;BLに女性キャラがメインで絡んでくるのはあまり好きじゃないけど、その点、木原さんの「美しいこと」は女性キャラが嫌味なくストーリーに溶け込んでいてステキです。
この話はBLだけど、別にBLファンじゃなくても楽しめる。
舞台を見て、あらためて確信しました。

切なくなったり優しい気持ちになったりしながら、愛にはいろんな形があることを素直に感じられる…。
そんな舞台でした。

あと、意地悪な上司の福田役の佐々木さんが、お茶目でした~~~♪
オーバーアクション気味な演技が、全体的に地味目な演技の舞台に明るさを添えてました。

かちゅ♪が一番気になってたのは、ラストがどうなるのか、でした。
ドラマCDのラストは、切なすぎたので…。
原作的にも「愛しいこと」までまとめないと、尻切れトンボな印象なんじゃないかしらと、かなり心配でした。
一緒に行ったツレが原作未読だったので、どう感じたか聞いてみたら、「面白かった~。」と違和感なしの様子でホッとしたんだけど。

原作になかった、最後に傘を差しかけるシーン(井坂さんの立ち姿にうっとり…)を加えることで、一気におさまりが良くなったと思います。
(「お願いだから…俺が寛末さんを好きだってことを、逆手にとらないで」って松岡くんの絶叫で終わったらどうしようかと、ドキドキした^^;のはかちゅ♪だけじゃないはず)
でも、やっぱりここまできたら「愛しいこと」も舞台でぜひ見たいですね~~~~!!

ともあれ大満足な舞台でした。
大好きな作品をとっても素敵な舞台にしてくださったキャストや皆様にありがとうです。
DVD買おうかな。

かちゅ♪とっても幸せな気持ちになれました。

お友だちのご厚意で、土曜日にもう一度、舞台観てきます。
今度は、もっとじっくり見るぞ~~!(寛末の部屋のシーンとか、笑)

帰宅して「美しいこと」祭りです♪
マイコレを引っ張り出してきて記念撮影です。
P1020080_convert_20100617210902.jpg
原作本&ドラマCD
P1020086_convert_20100617211006.jpg
「愛すること」小冊子&ポスカ
抽選で当たったドラマCD「美しいこと」台本(杉田さんとたっつんのサイン入りなのだ)
P1020082_convert_20100617211114.jpg
「ergo 5」掲載の日高ショーコさんのSSマンガ「美しいこと」
これどっから見ても、かちゅ♪の愛するクマ、じゃなくて(笑)暁人サマとかちゅらぎだ~~
うう、日高先生、お忙しいでしょうがぜひ続きを…!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://kachubl.blog100.fc2.com/tb.php/82-44324b84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。