-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-05 23:08 | カテゴリ:BL本感想
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:ボーイズラブ
今月のChara文庫の新刊5冊。

人気シリーズものの続きとか英田さんの新シリーズとか…かちゅ♪的にめっちゃ楽しみな作品が目白押しでした。

「フレブラ」→「二重螺旋」→「ダブル・バインド」→「義を継ぐ者」→「僕が一度死んだ日」の順でコンプリート

…する予定です(オイ)

でもでも、今のところ順調に(笑)英田さんの「ダブル・バインド」まで読破したので、かる~く感想などメモっておきまする~。


松岡なつきさんの「FLESH&BLOOD 15」
FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)
(2010/06/26)
松岡 なつき

商品詳細を見る

前作から意外とあっさり出た最新刊。
焦らしプレイが短くて良かった…。

結核の治療のため、愛するジェフリーを置いて、現代に戻ってきたカイト。
待っていたのは、以前にも増して、カイトへの想いを募らせていた親友の和哉くん。
彼の独りよがりな愛情が、カイトの気持ちと無関係にどんどんエスカレートしていくのが、気がかりです…そのうち暴走するんじゃ…。

かちゅ♪の愛するビセンテ^^の出番が少ないのが、ちょいと不満じゃが…。
でも、酷い拷問に苦しむジェフリーがかわいそうすぎて、今回ばかりは(?)カイトと早く再会できますように~って素直に応援しちゃったよ^^

かちゅ♪的には、キットがもっともっと露骨に(笑)ナイジェルに迫ってくれるとテンション上がります~~!

そう言えば、あれだけジェフリーがあの時代、活躍していたのに、歴史に名前が残っていないのはなぜなのか……続刊がまたまた楽しみ~。

吉原理恵子さんの「深想心理~二重螺旋5」
深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫)深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫)
(2010/06/26)
吉原 理恵子

商品詳細を見る

前作が出てからどのくらいたったのかな…ずいぶん焦らしプレイだった気がするけど、読み始めたら速攻、アノ世界^^にどっぷり浸ってたという…。

相変わらず篠宮家のドロドロっぷりがすごい…。
まーちゃんのナオへの異常な執着っぷりはともかく、篠宮兄弟唯一の女性キャラ、沙也加のまーちゃんへの執着は、報われなさ過ぎて哀れです…。
blものにおける女性キャラは、えてして割の合わない役回りのことが多い気がする。

このシリーズ、いつも思うんだけど、ナオ一筋!のまーちゃんのエゴイスティックっぷりが怖い…痛いです。
ある意味、イタ気持ちイイかも…^^;

まーちゃんの鬼畜兄っぷりが何より大好物な(笑)かちゅ♪には、どんどん甘くなっているナオとの関係はちとぬるすぎるかも…(第一作目のドラマCDの鬼畜っぷりには涎がこぼれたぜ)

何はともあれ、一気に読める面白さでした。
しかし吉原さんの文章は、とっても癖があるけど、妙に迫力あるなぁ。

夏にこの作品のドラマCDが出るけど、どうしようかな…。
今までの分は全部聞いたんだけどな。

三木さんのセクシーヴォイスで「ナオのミルク絞っ…」(以下略^^;)はやっぱり必聴ものかな。

今回、Hシーンが原作より3割り増しで濃かったら(ソコかい、笑)ゲッちゅかも~~~!

英田サキさんの「ダブル・バインド」
ダブル・バインド (キャラ文庫)ダブル・バインド (キャラ文庫)
(2010/06/30)
英田 サキ

商品詳細を見る

しばらくぶりの英田さん、注目の新シリーズ。
まるで普通の日本の警察小説(推理小説)を読んでいる気分。

相変わらず登場人物が多くて、複雑な人間関係を把握するのにちょっと苦労…
でもそれもこれも、次巻以降への布石だと思うと、読み解くのも楽しみに♪

BL的萌え度は、まだほのかに匂わせる程度でジレッタイ。
でも、きっとこの先ぐんぐん盛り上がってくれるはず~!(「エス」みたいに)

英田さんは、やっぱり平凡な恋愛ものより、「エス」「DEADLOCK」シリーズみたいに非凡な設定でスリリングなもので本領発揮ですね!

続きが待ち遠しいです~♪
BLの神様、どうかあまり待たせないでね^^
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://kachubl.blog100.fc2.com/tb.php/89-0d06295e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。